コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井嘉菊 みつい かきく

1件 の用語解説(三井嘉菊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井嘉菊 みつい-かきく

1767-1847 江戸時代後期の商人,俳人。
明和4年生まれ。紀上太郎(きの-じょうたろう)(三井高業(たかなり))の長男。豪商三井家の一族で,京都南家の5代当主。高桑闌更(らんこう)とまじわった。八十賀の「後楽集」に交友の句があつめられている。弘化(こうか)4年3月1日死去。81歳。名は高英。通称は次郎右衛門。別号に仙渓亭,陶白居,後楽園

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三井嘉菊の関連キーワードマイソール戦争川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子桂川甫筑笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone