コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井秋風 みつい しゅうふう

1件 の用語解説(三井秋風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井秋風 みつい-しゅうふう

1646-1717 江戸時代前期-中期の商人,俳人。
正保(しょうほ)3年生まれ。京都の人。三井高俊の3男重俊の子で,呉服商の釘抜三井家をつぐ。俳諧(はいかい)は高瀬梅盛の門人。遊興と風流の生活をおくり,鳴滝の別荘には文人たちが出入りした。享保(きょうほう)2年9月3日死去。72歳。名は俊寅,時次。通称は六右衛門。編著に「打曇砥(うちぐもりと)」「俳諧吐綬雞(とじゅけい)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三井秋風の関連キーワード常行義観(2)塩見春政志村無倫下村堤亭鈴木正真鷹森藤太夫服部常春林広為北藤浮生

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone