コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井秋風 みつい しゅうふう

1件 の用語解説(三井秋風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三井秋風 みつい-しゅうふう

1646-1717 江戸時代前期-中期の商人,俳人。
正保(しょうほ)3年生まれ。京都の人。三井高俊の3男重俊の子で,呉服商の釘抜三井家をつぐ。俳諧(はいかい)は高瀬梅盛の門人。遊興と風流の生活をおくり,鳴滝の別荘には文人たちが出入りした。享保(きょうほう)2年9月3日死去。72歳。名は俊寅,時次。通称は六右衛門。編著に「打曇砥(うちぐもりと)」「俳諧吐綬雞(とじゅけい)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三井秋風の関連キーワード井上正継備後国谷木因金木さなぶり荒馬踊キリシタン屋敷塩見政誠浄興寺バン湖アイアトン井上政重

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone