苦手(読み)にがて

精選版 日本国語大辞典「苦手」の解説

にが‐て【苦手】

〘名〙
① (「にがで」とも) 常人と異なり、不思議な力を持つ手。その手で押えると人は腹痛が治まり、ヘビは動けずに捕えられるなどという。
※俳諧・底抜磨(1646)上「をさあひ(幼児)の腹をさするは苦手にて」
※浮世草子・世間娘容気(1717)三「天性苦手(ニガデ)といふものにて、小児の虫痞(むしつかへ)をさするに妙を得て」
② 自分と気が合わず、好ましくない相手。転じて、自分にとって得意でないもの。不得手。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「其外苦手は色色ある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦手」の解説

にが‐て【苦手】

[名・形動]
扱いにくく、いやな相手。なかなか勝てなくて、いやな相手。また、そのようなさま。「あいつはどうも苦手だ」
得意でないこと。また、そのさま。不得手。「数学の苦手な人」
不思議な力をもつ手。その手で押さえると、腹の痛みはおさまり、蛇は動けなくなって捕らえられるなどという。
天性―といふものにて、小児の虫つかへをさするに妙を得て」〈浮・娘気質・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android