三会目(読み)サンカイメ

デジタル大辞泉の解説

さんかい‐め〔サンクワイ‐〕【三会目】

客が同じ遊女と会って三度目のこと。初会に対していう。このとき祝儀を与える風習があり、客と遊女とのへだたりがとれ、以後「なじみ」と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんかいめ【三会目】

遊里で、客が同じ遊女を揚げて遊ぶ三度目のこと。これからを「馴染なじみ」という。 「来る時に小道へ寄らぬ-/柳多留 21

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android