コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初会 ショエ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐え〔‐ヱ〕【初会】

仏語。菩薩(ぼさつ)が悟りを開いたのち、仏として最初に説法する集会

しょ‐かい〔‐クワイ〕【初会】

ある人と初めて顔を合わせること。初対面。
初めての会合。
取引所で、月の最初の立会。発会(はっかい)。
娼妓(しょうぎ)がある客に初めて会い、相方となること。また、その客。→裏(うら)

はつ‐かい〔‐クワイ〕【初会】

新年になって初めての会合 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょかい【初会】

はじめて出会うこと。特に、遊郭で、遊女が初めてその客と会うこと。
初めて開いた会合。初はつ会合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初会の関連キーワードターナー(Herbert Hall Turner)社会保障改革に関する集中検討会議臨時脳死および臓器移植調査会主要排出国会議(サミット)ソビエト連邦科学アカデミーモンペルラン・ソサエティーまち・ひと・しごと創生本部引き付け座敷・引付け座敷キックオフミーティング原子力供給国グループ太平洋諸島フォーラムキンバリープロセス大般若波羅蜜多経日本経済再生本部付け込む・付込む施設の可能性検討フランシスコ会大阪の副首都化消費税増税問題ローマ・クラブ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初会の関連情報