初会(読み)ショエ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐え〔‐ヱ〕【初会】

仏語。菩薩(ぼさつ)が悟りを開いたのち、仏として最初に説法する集会

しょ‐かい〔‐クワイ〕【初会】

ある人と初めて顔を合わせること。初対面。
初めての会合。
取引所で、月の最初の立会。発会(はっかい)。
娼妓(しょうぎ)がある客に初めて会い、相方となること。また、その客。→裏(うら)

はつ‐かい〔‐クワイ〕【初会】

新年になって初めての会合 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょかい【初会】

はじめて出会うこと。特に、遊郭で、遊女が初めてその客と会うこと。
初めて開いた会合。初はつ会合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初会の関連情報