コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馴染み ナジミ

デジタル大辞泉の解説

な‐じみ【×馴染み】

なれ親しんで知っていること。また、その人。「馴染みの店」「昔の馴染みに会う」
同じ遊女のもとに通いなれること。また、その客。遊女の側からもいう。
長年つれ添った夫、または妻。
「―に別れての当座は」〈浮・一代男・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なじみ【馴染み】

なじむこと。なれ親しむこと。また、親しい仲の人。 「町会長と-になる」 「お坊さんとは-が薄い」 「お-の曲」 「 -ができる」
同じ遊女のもとに通いなれること。また、その人。客にも遊女にもいう。 → 馴染み客
長年連れ添った夫または妻。 「 -に別れての当座は/浮世草子・一代男 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

馴染みの関連キーワードベートーヴェン:パイジェッロの歌劇「水車屋の娘」の二重唱「わが心もはやうつろになりて」による6つの変奏曲/piano soloチャイコフスキー:ピアノ・ソナタ(大ソナタ) ト長調/piano soloモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調/piano soloSun Java Desktop Systemアーサー・パーカー ウェッツオルダウ・ジョーンズ工業株価平均先物イントロダクトリーコース代理人(プロ野球の)ジャッドの四原理ストリートネーム心中刃は氷の朔日新人類ジュニア博多小女郎波枕ネービーブルーレモンジーナバイオレットピーグリーン団七九郎兵衛インバーター出雲石灯ろう

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馴染みの関連情報