コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三保木儀左衛門 みほぎ・ぎざえもん

1件 の用語解説(三保木儀左衛門の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

三保木儀左衛門

生年:生没年不詳
江戸中期に上方で活躍した歌舞伎役者。俳名風光。はじめ玉川千之丞の門に入り若女形や立役を勤めていたが,のち実悪中心となる。5代目片岡仁左衛門の門に移り,その名跡継子となり,いったん6代目片岡仁左衛門と名乗るが,享保のはじめごろ三保木儀左衛門と改める。享保9(1724)年から京で座本を勤め,同13年の「けいせい満蔵鑑」の田中島津之助役で大当たりを取った。

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三保木儀左衛門の関連キーワード富永平兵衛上方歌舞伎歌舞伎役者嵐勘右衛門荻野八重桐(初代)音羽次郎三郎(初代)鈴木平左衛門(初代)中山文七(初代)早川伝四郎藤田皆之丞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone