コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十六峰 サンジュウロッポウ

デジタル大辞泉の解説

さんじゅうろっ‐ぽう〔サンジフロク‐〕【三十六峰】

京都市の東にある東山丘陵の称。江戸初期に、中国の嵩山(すうざん)三十六峰にならって呼ばれた。東山三十六峰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうろっぽう【三十六峰】

京都市東山区、鴨川の東に南北に連なる東山丘陵の称。江戸初期に、中国の嵩山すうざん三十六峰に倣って呼ばれた。東山三十六峰。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三十六峰の関連キーワード国井 紫香阿弥陀ヶ峰大文字山国井紫香音羽山頼山陽京都市華頂山鴨川南北霊山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三十六峰の関連情報