三国間輸送(読み)さんごくかんゆそう

世界大百科事典 第2版の解説

さんごくかんゆそう【三国間輸送】

自国貿易航路以外のいわゆる外国間の貿易航路における輸送活動をいう。いいかえれば,貿易当事国以外の国に登録されている船舶による輸送形態を指す。このような三国間輸送活動は,一般にノルウェーギリシアオランダに代表されるように,自国貿易量に対比して大規模な商隊を保有する国の船舶運航に典型的に観察されるが,日本,イギリス,アメリカなどの大規模な貿易量を示す国の商船隊も,相当量三国間輸送に従事している。三国間輸送における運賃収得はすべて外国荷主の支払う外貨受取になるので,他に格別の輸出産業をもたず海運業を重要な輸出産業としている海運国にとっては,きわめて重要である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんごくかん‐ゆそう【三国間輸送】

〘名〙 外貨の獲得や外国への進出などのために、自国の船を使って外国と外国との間の輸送をすること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android