コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三壇法 さんだんほう

大辞林 第三版の解説

さんだんほう【三壇法】

密教で、大壇・護摩壇・聖天壇の三壇を設けて営む修法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三壇法の言及

【壇法】より

…壇法咒法の盛行は,反面で咒詛などの弊害を生み,785年(延暦4)諸国における諸尊,聖天,諸天などの私的壇法が禁止され,尋常の念誦壇法と看病加持の壇法のみが許された。空海以降,壇法は盛んになり,三壇法,五壇法,九壇法,十三壇法などが行われたことが,平安時代の貴族の日記や文学作品にみられる。【和多 秀乗】。…

※「三壇法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三壇法の関連キーワード土佐行秀藤原行秀藤原隆昌巨勢行忠護摩壇密教大壇修法

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android