コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅剛一 みやけごういち

2件 の用語解説(三宅剛一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三宅剛一
みやけごういち

[生]1895. 岡山
[没]1982.10.8. 藤沢
哲学者。 1919年京都大学哲学科を卒業後,新潟高等学校教授を経て,38年に東北大学助教授,46年教授となり 54年には京都大学に転じた。 58年に京大を定年退官し学習院大学教授となる。初め新カント派哲学を研究し,西田哲学の影響を受け,ハイデガーなどを研究したが,以後その研究分野は科学,芸術,道徳にまで広く行き渡っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅剛一 みやけ-ごういち

1895-1982 大正-昭和時代の哲学者。
明治28年1月1日生まれ。ドイツフッサール,ハイデッガーに現象学をまなぶ。昭和21年東北帝大教授,29年京大教授,のち学習院大教授。昭和57年10月8日死去。87歳。岡山県出身。京都帝大卒。著作に「学の形成と自然的世界」「人間存在論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の三宅剛一の言及

【現象学】より

…現象学は第2次大戦中に亡命者によってアメリカにも伝えられ,第2次大戦後のアメリカ社会学(現象学的社会学),政治学の展開にも貢献している。現象学研究に関しては,日本もフランスやアメリカより長い歴史をもち,その影響下に九鬼周造《“いき”の構造》(1930),《偶然性の問題》(1935),三宅剛一《学の形成と自然的世界》(1940),市川浩《精神としての身体》(1975)のようなすぐれた成果を生んでいる。現象【木田 元】。…

※「三宅剛一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

三宅剛一の関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部林家正蔵鳥羽一郎日野美歌THE虎舞竜鉱業政策敦煌石窟

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三宅剛一の関連情報