コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西田哲学 にしだてつがく

1件 の用語解説(西田哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西田哲学
にしだてつがく

西田幾多郎の思想体系。日本初の独創的哲学と称せられ,大正から昭和初期にかけて大きな反響を呼んだ。参禅の体験をもとに,処女作『善の研究』 (1911) における,すべての対立,矛盾を統一的に説明する主,客分化以前の「純粋経験」を,さらに深く概念的に解明する根本原理を絶対無としての「場所」「弁証法的一般者」としてとらえた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西田哲学の言及

【西田幾多郎】より

…哲学者。近代日本の代表的哲学者として,その哲学はしばしば〈西田哲学〉と呼称される。石川県に生まれ,1894年東京大学哲学科選科を卒業,96年に金沢の第四高等学校講師,次いで教授となった。…

※「西田哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西田哲学の関連キーワード西田幾多郎田辺元純粋経験独創的哲学の道西田哲学会加賀の三たろう石川県かほく市内日角宇ノ気〈町〉竹内良知

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西田哲学の関連情報