コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西田哲学 にしだてつがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西田哲学
にしだてつがく

西田幾多郎の思想体系。日本初の独創的哲学と称せられ,大正から昭和初期にかけて大きな反響を呼んだ。参の体験をもとに,処女作『善の研究』 (1911) における,すべての対立,矛盾を統一的に説明する主,客分化以前の「純粋経験」を,さらに深く概念的に解明する根本原理を絶対としての「場所」「弁証法的一般者」としてとらえた。この論理を根底として,主語的論理に対する述語的論理,有の弁証法に対する絶対無の弁証法などを通して,いわゆる「絶対矛盾の自己同一」の弁証法を形成,これによって一切を体系的に説明しようとした。「無」を根底とする東洋的,禅的形而上学ともいうべきもので,従来の西洋哲学をもそのうちに総合的に包括しうるものであるとする見方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の西田哲学の言及

【西田幾多郎】より

…哲学者。近代日本の代表的哲学者として,その哲学はしばしば〈西田哲学〉と呼称される。石川県に生まれ,1894年東京大学哲学科選科を卒業,96年に金沢の第四高等学校講師,次いで教授となった。…

※「西田哲学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

西田哲学の関連キーワードY. コズロフスキー左右田 喜一郎下村 寅太郎J. ラウベ西田 幾多郎柳田 謙十郎下村寅太郎現存在分析滝沢 克己船山 信一務台 理作柳田謙十郎高山 岩男小松 摂郎場所の論理行為的直観中村雄二郎西晋一郎田辺 元三木 清

西田哲学の関連情報