進講(読み)しんこう

精選版 日本国語大辞典「進講」の解説

しん‐こう ‥カウ【進講】

〘名〙 天皇、貴人の前で学問を講義すること。御前講義
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「前代の御時、辛卯の八月十七日講訖りし後、疑獄一条をしるし出されたりけり」 〔元史‐泰定帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「進講」の解説

しん‐こう〔‐カウ〕【進講】

[名](スル)天皇や貴人の前で学問の講義をすること。
[類語]講話説教説法談義講演講座法話道話訓話訓示嘉言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「進講」の解説

【進講】しんこう

君主に講義する。〔元史、泰定帝紀一〕(二年)紐澤・許師してる。經に於てせんことをふ。仍(よ)りて皇太子をして覽せしむ。り、の書を譯して以てむ。

字通「進」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android