コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅瓶斎 みやけ へいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅瓶斎 みやけ-へいさい

1801-1860 江戸時代後期の武士。
享和元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)村上藩士。郡奉行,砲術師範をつとめ,詩文もよくした。嘉永(かえい)4年(1851)藩債をつのる任務についたが,藩内の中傷により辞職。のち再起用され,大坂資金調達をした帰途に発病。安政7年2月16日死去。60歳。名は安懿。字(あざな)は徳卿。通称は相馬。著作に「北越七奇考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三宅瓶斎の関連キーワード享和パーベル1世山東京伝万延第二帝政ラトビア辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android