コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅高幸 みやけ たかゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅高幸 みやけ-たかゆき

1818-1882 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化15年2月1日生まれ。三宅西浦(せいほ)の長男。備中(びっちゅう)(岡山県)の人。森田節斎に入門。平野国臣(くにおみ)らとまじわり,運動資金をえるため薩摩(さつま)と備中の交易をはかって失敗。明治4年外山光輔らの反政府事件に連座して終身刑となり,13年ゆるされた。明治15年8月22日死去。65歳。字(あざな)は子静。通称は定太郎。号は瓦全,楽哉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三宅高幸の関連キーワード尊攘

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android