コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三尾公三 みお こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三尾公三 みお-こうぞう

1924-2000 昭和後期-平成時代の洋画家。
大正13年1月3日生まれ。光風会展,日展に一時出品。昭和49年「男と女のスペース」が東京国際具象絵画ビエンナーレ展で大賞。インド-トリエンナーレ展で金賞エアブラシをもちいたフォトリアリズム風の作品を発表。写真週刊誌「FOCUS」の表紙絵を担当。50-59年母校京都市立芸大の教授。平成9年芸術選奨。平成12年6月29日死去。76歳。愛知県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三尾公三
みおこうぞう
(1923―2000)

洋画家。名古屋市に生まれる。1947年(昭和22)京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)日本画科を卒業ののち、洋画に転じ、59年光風会会員となる。64年同会退会後、画風を大きく変え、油彩とエアブラシを併用し、写真のような独自のスタイルを確立する。68年ジャパン・アート・フェスティバルで優秀賞(文部大臣賞)を受け、翌年サン・パウロ・ビエンナーレ展に出品、海外での個展も増える。74年第1回東京国際具象絵画ビエンナーレ展でグランプリを受賞。75年インド・トリエンナーレ展でゴールドメダルを受ける。同年より83年まで、京都市立芸術大学教授を務める。1979年第2回東郷青児美術館大賞、83年第2回美術文化振興協会賞を受賞。90年(平成2)京都美術文化賞を受賞。また、京都市文化功労者となる。91年毎日芸術大賞。97年芸術選奨文部大臣賞、翌年京都府美術文化特別功労賞を受賞。2000年勲四等旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)受章。1993~94年国立国際美術館で三尾公三展が開催された。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『三尾公三画集 幻想空間』(1981・講談社) ▽『三尾公三 裸婦』(1984・学習研究社) ▽『三尾公三』(1991・日本経済新聞社) ▽大阪府文化振興財団編・刊『三尾公三――女のいる幻想空間』(1993) ▽『三尾公三の裸婦デッサン』増補新版(1995・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三尾公三の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏星図山本嘉次郎自動車電話よしもとばなな

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android