コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光風会 こうふうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光風会
こうふうかい

絵画,工芸の2部門をもつ美術団体。 1911年白馬会解散後,その後身として翌 12年中沢弘光山本森之助三宅克己杉浦非水岡野栄小林鐘吉跡見泰によって創立され現在に及ぶ。その後小林万吾南薫造辻永,児島虎次郎らが会員となった。黒田清輝以来の外光派を受継ぎ,穏健な写実を基調とする官展系団体。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうふう‐かい〔クワウフウクワイ〕【光風会】

洋画・工芸の美術団体。白馬会解散後、中沢弘光らが、明治45年(1912)に結成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

光風会【こうふうかい】

一水会とともに日展を形成する洋画,工芸の美術団体。白馬会解散後,1912年同会の中沢弘光,三宅克己,山本森之助ら7人の発起で創立され,同年第1回展を開いた。毎年公募展を開催。
→関連項目新樹会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうふうかい【光風会】

美術団体。黒田清輝を中心に結ばれた外光派の洋画団体白馬会が1911年(明治44)に解散すると,その有力メンバーであった中沢弘光,山本森之助,三宅克己,杉浦非水,小林鐘吉,跡見泰,岡野栄を発起人として翌12年3月に結成され,その年の6月,上野竹之台で第1回展覧会を開催した。当時,印象派以後の新しい美術思潮の刺激を受け,個性的な表現を唱える若い層が増大していたが,この会に拠(よ)る画家たちは黒田の穏健な画風を引き継ぎ,官展系の団体として結束を崩さなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうふうかい【光風会】

美術団体。旧白馬会会員の中沢弘光らが、1912年(明治45)に組織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光風会
こうふうかい

洋画、工芸の美術団体。1911年(明治44)白馬(はくば)会が解散したのち、その中堅会員であった中沢弘光、山本森之助、三宅克己、杉浦非水、岡野栄、小林鐘吉、跡見泰(たい)らが発起人となり翌12年に結成、同年6月上野竹之台陳列館において第1回展を催した。その後、工芸部を新設し、小林万吾(まんご)、南薫造(くんぞう)、辻永(ひさし)、児島虎次郎(とらじろう)、鬼頭鍋三郎(きとうなべさぶろう)らを順次会員に迎え、毎年春に公募展を開催している。創立に際しとくに掲げた主義主張はないが、穏健な写実的作風を主流とする官展系美術団体として存続し、現在一水会と並ぶ日展の強力な支持団体となっている。[佐伯英里子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の光風会の言及

【白馬会】より

…付属機関として設けられた白馬会絵画研究所が美術家養成に果たした役割も小さくない。なお解散後の12年,同系の中堅画家たちは光風会を結成した。【原田 実】。…

※「光風会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

光風会の関連キーワード新保 兵次郎岩田 久利鬼頭鍋三郎西山 真一田村 一男小絲源太郎宇野 千里小糸源太郎平岡権八郎太田喜二郎寺島 龍一緒方 亮平有馬三斗枝渡辺 武夫大沢 海蔵大沢海蔵阪倉宜暢寺坂公雄清原啓一写実主義

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android