三島江(読み)ミシマエ

デジタル大辞泉の解説

淀川下流の古称。大阪府高槻市南部から大阪市東淀川区東端あたりまでをいった。
大阪府高槻市南部、淀川沿いの地名。[歌枕]
「―の入江のまこも雨ふればいとどしをれてかる人もなし」〈新古今・夏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪府北東部、高槻市(たかつきし)の淀川(よどがわ)右岸の地。対岸の出口(でぐち)(枚方(ひらかた)市)との間にあった「三島江の渡し」は、北摂山中の神峯山寺(かぶさんじ)への毘沙門天(びしゃもんてん)参道、能勢妙見堂(のせみょうけんどう)への妙見道の渡船場であった。また景勝地で、「三島江の玉江の薦(こも)をしめしよりおのがとぞ思ふいまだ刈らねど」(『万葉集』巻7)など古歌に多く詠まれている。

[樋口節夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 淀川下流の古称。大阪府高槻市南部から下流、大阪市東淀川区東端のあたりにかけてをいった。
[二] 大阪府高槻市南西部の地名。淀川下流の右岸にある。摂津国の歌枕。
※万葉(8C後)七・一三四八「三嶋江(みしまえ)の玉江の薦(こも)を標(しめ)しより己が跡そ思ふ未だ苅らねど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android