コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三崎亀之助 みさき かめのすけ

2件 の用語解説(三崎亀之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三崎亀之助 みさき-かめのすけ

1858-1906 明治時代の官僚,政治家。
安政5年1月2日生まれ。外務省勤務をへて,明治23年衆議院議員となる(当選4回,自由党)。29年内務省県治局長,貴族院議員。のち横浜正金銀行副頭取。明治39年3月16日死去。49歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三崎亀之助

没年:明治39.3.16(1906)
生年:安政5.1.2(1858.2.15)
明治時代の政治家。讃岐国(香川県)丸亀に生まれる。開成学校に学び,外務省書記生,同参事官などを歴任。明治23(1890)年第1回総選挙で香川県から衆院議員に当選。以後4回連続当選。立憲自由党に属したが,第1議会では土佐派の裏切りに同調して政府(第1次山県内閣)と妥協,予算案の成立に努め,同党を脱党した。のち復党し,29年4月板垣退助が第2次伊藤内閣内務大臣に就任すると,内務省県治局長となり,同年12月には貴族院議員に勅選された。のち横浜正金銀行に入り,支配人,副総裁を務めたが,その評判は芳しくなかった。<参考文献>「三崎亀之助を論ず」(増田義一編『当代の実業家人物の解剖』)

(寺崎修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三崎亀之助の関連キーワード讃岐国分寺大久保諶之丞大林森次郎小田知周景山甚右衛門田中定吉遠山正和福家惣衛宮井茂九郎安原枝澄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone