三崎亀之助(読み)みさき かめのすけ

  • 三崎亀之助 みさき-かめのすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:明治39.3.16(1906)
生年:安政5.1.2(1858.2.15)
明治時代の政治家。讃岐国(香川県)丸亀に生まれる。開成学校に学び,外務省書記生,同参事官などを歴任。明治23(1890)年第1回総選挙で香川県から衆院議員に当選。以後4回連続当選。立憲自由党に属したが,第1議会では土佐派の裏切りに同調して政府(第1次山県内閣)と妥協,予算案の成立に努め,同党を脱党した。のち復党し,29年4月板垣退助が第2次伊藤内閣の内務大臣に就任すると,内務省県治局長となり,同年12月には貴族院議員に勅選された。のち横浜正金銀行に入り,支配人,副総裁を務めたが,その評判は芳しくなかった。<参考文献>「三崎亀之助を論ず」(増田義一編『当代の実業家人物の解剖』)

(寺崎修)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる