コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三崎亀之助 みさき かめのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三崎亀之助 みさき-かめのすけ

1858-1906 明治時代の官僚,政治家。
安政5年1月2日生まれ。外務省勤務をへて,明治23年衆議院議員となる(当選4回,自由党)。29年内務省県治局長,貴族院議員。のち横浜正金銀行副頭取。明治39年3月16日死去。49歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三崎亀之助

没年:明治39.3.16(1906)
生年:安政5.1.2(1858.2.15)
明治時代政治家。讃岐国(香川県)丸亀に生まれる。開成学校に学び,外務省書記生,同参事官などを歴任。明治23(1890)年第1回総選挙で香川県から衆院議員に当選。以後4回連続当選。立憲自由党に属したが,第1議会では土佐派の裏切りに同調して政府(第1次山県内閣)と妥協,予算案の成立に努め,同党を脱党した。のち復党し,29年4月板垣退助が第2次伊藤内閣の内務大臣に就任すると,内務省県治局長となり,同年12月には貴族院議員に勅選された。のち横浜正金銀行に入り,支配人,副総裁を務めたが,その評判は芳しくなかった。<参考文献>「三崎亀之助を論ず」(増田義一編『当代の実業家人物の解剖』)

(寺崎修)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

三崎亀之助の関連キーワード官僚

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android