コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三師 さんし

大辞林 第三版の解説

さんし【三師】

中国で、北魏以降、宋に至るまで太師・太傅たいふ・太保の三官に対する呼称。三公よりも位は高いが実権はなかった。上公。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三師の言及

【三公】より

…哀帝のとき官名と序列をあらためて大司徒(もと丞相)・大司馬(もと太尉)・大司空とし,三公の上に大傅(たいふ)を置いた。王莽(おうもう)が実権を掌握すると,三公以外に《周礼(しゆらい)》にならい太師・太傅・太保の三師を併せ設けた。後漢では太尉・司徒・司空を三公と呼び,上公として太傅を置き,いずれも多く録尚書事に任命された。…

※「三師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三師の関連キーワード太政大臣(だいじょうだいじん)同中書門下平章事桂 燕枝(初代)北海道教育大学東京学芸大学田母野 秀顕菊池慎之助西川虎次郎坂部十寸穂吉橋徳三郎石垣まさき田母野秀顕滋賀莱橋松永正敏仙波太郎川島義之榊原忠誠貴志一郎河村正彦大竹沢治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三師の関連情報