三村道益(読み)みむら どうえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三村道益 みむら-どうえき

1700-1761 江戸時代中期の医師,本草家。
元禄(げんろく)13年生まれ。信濃(しなの)(長野県)木曾の人。山脇東洋をまなび,木曾代官山村家につかえた。山中薬草をしらべて村民採取をすすめ,薬の製法を指導。これより木曾の薬草の名がひろまった。宝暦11年9月21日死去。62歳。名は璞。(あざな)は季崑。石床。著作に「木曾薬譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android