コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条西公保 さんじょうにし きんやす

1件 の用語解説(三条西公保の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条西公保 さんじょうにし-きんやす

1398-1460 室町時代の公卿(くぎょう)。
応永5年生まれ。正親町三条公豊(おおぎまちさんじょう-きんとよ)の子。三条西実清の跡をつぐ。応永25年参議にのぼり,35年権(ごんの)大納言,宝徳2年内大臣となる。康正(こうしょう)元年出家。将軍足利義教(よしのり)の寵臣で,「新続古今和歌集」の和歌所寄人(よりゅうど)をつとめた。従一位。長禄(ちょうろく)4年1月28日死去。63歳。法名は縁空。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三条西公保の関連キーワード朱元璋寛正洪武李成桂洪武帝方従義足利氏満足利満兼足利持氏音阿弥

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone