コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三河屋幸三郎 みかわや こうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三河屋幸三郎 みかわや-こうざぶろう

1823-1889 幕末-明治時代の商人。
文政6年生まれ。江戸神田の雑貨商。横浜での貿易巨富をえる。上野戦争のあと,放置されていた彰義隊の戦死者を千住三ノ輪の円通寺埋葬三幸の通称で,侠商として旧幕臣らにしたわれた。明治22年5月5日死去。67歳。伊豆(いず)八丈島(東京都)出身。姓は浅岡。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三河屋幸三郎

没年:明治22.5.5(1889)
生年文政6(1823)
幕末明治期の商人。義侠人として事跡が伝えられる。父は享和2(1802)年高利貸の罪で八丈島へ流された。同島で生まれたことから「島小僧」の異名がある。父の赦免により江戸に出て,横浜開港後は貿易で資産を作った。勝海舟らとも交友があった。戊辰戦争では上野に籠った彰義隊に肩入れして逃亡する隊士をかくまい,死体を手厚く葬ったことなどから官軍ににらまれた。五稜郭で官軍と戦った幕臣石川忠恕の『箱館脱走一件始末記』を預かり,公刊の機会をうかがっていたが,果たせないまま没した。同書はのちに幸三郎の子息浅岡岩太郎が福地源一郎三宅雪嶺の協力を得て『説夢録』と題して公刊した。

(正延哲士)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

三河屋幸三郎の関連キーワード武田仏磨撃剣興行明治時代没年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android