コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸津 あきつ

2件 の用語解説(安芸津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸津
あきつ

広島県中南部,東広島市南東部の旧町域。瀬戸内海に臨む。 1943年早田原村,三津町,木谷村が合体して安芸津町が発足。 2005年東広島市に編入。中心集落の御津 (三津) は,古代から近世にかけて安芸国府の置かれた西条の外港として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安芸津
あきつ

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(安芸津町(ちょう))。現在は東広島(ひがしひろしま)市の一地区。旧安芸津町は1943年(昭和18)早田原(はやたばら)、木谷(きだに)の2村と三津(みつ)町が合併して成立。2005年(平成17)東広島市に編入。瀬戸内海に面しJR呉(くれ)線、国道185号に沿う。中心の三津は江戸時代には広島藩の藩蔵が置かれ、そこから払い下げられる米による醸造酒業が栄えた。現在も酒造業があり、安芸杜氏(あきとうじ)の出身地としても知られる。農業では、ジャガイモの栽培と、ミカンやビワなどの果樹栽培が盛んで、農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所と県立農業技術センター果樹研究部がある。また、牡蠣(かき)養殖が盛んで、耐火れんがの生産もある。風早(かざはや)地区は奈良時代には内海航路の船泊の地で、『万葉集』巻15に「風早浦」の名がみえる。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安芸津の関連情報