コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸津 あきつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸津
あきつ

広島県中南部,東広島市南東部の旧町域。瀬戸内海に臨む。 1943年早田原村,三津町,木谷村が合体して安芸津町が発足。 2005年東広島市に編入。中心集落の御津 (三津) は,古代から近世にかけて安芸国府の置かれた西条外港として栄えた。周辺は米のほかに,ジャガイモ,ミカンなどの生産が多く,漁業は沿岸漁業とカキ養殖が行なわれる。造船や缶詰製造などのほかに,赤煉瓦の原料工業がある。軟水醸造法を生んだ酒造業の伝統は,現在も安芸津杜氏として,西日本に広く知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安芸津
あきつ

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(安芸津町(ちょう))。現在は東広島(ひがしひろしま)市の一地区。旧安芸津町は1943年(昭和18)早田原(はやたばら)、木谷(きだに)の2村と三津(みつ)町が合併して成立。2005年(平成17)東広島市に編入。瀬戸内海に面しJR呉(くれ)線、国道185号に沿う。中心の三津は江戸時代には広島藩の藩蔵が置かれ、そこから払い下げられる米による醸造酒業が栄えた。現在も酒造業があり、安芸杜氏(あきとうじ)の出身地としても知られる。農業では、ジャガイモの栽培と、ミカンやビワなどの果樹栽培が盛んで、農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所と県立農業技術センター果樹研究部がある。また、牡蠣(かき)養殖が盛んで、耐火れんがの生産もある。風早(かざはや)地区は奈良時代には内海航路の船泊の地で、『万葉集』巻15に「風早浦」の名がみえる。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安芸津の関連キーワード広島県山県郡北広島町広島県東広島市大崎(広島県)大崎上島(町)第十五やえしまサニールージュ安芸津[町]東広島(市)福富[町]三浦仙三郎大崎上島町黒瀬[町]赤松珠抄子大崎上島藍之島つちや富久長関西一大崎風早

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安芸津の関連情報