コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦守治 みうら もりはる

2件 の用語解説(三浦守治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦守治 みうら-もりはる

1857-1916 明治-大正時代の病理学者。
安政4年5月11日生まれ。ベルリン大でウィルヒョーにまなび,明治20年帝国大学教授となる。先天性奇形,脚気(かっけ)の病理などを研究,わが国病理学の基礎をきずいた。歌集「移岳集」がある。大正5年2月2日死去。60歳。陸奥(むつ)田村郡(福島県)出身。東京大学卒。本姓は村田。号は移岳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦守治

没年:大正5.2.2(1916)
生年:安政4.5.11(1857.6.2)
明治期の病理学者。陸奥国田村郡(福島県)生まれ。旧姓は村田で万延1(1860)年に三浦義純の養子となる。明治14(1881)年東大医学部を卒業,内科の助手となって翌年ドイツに留学,ライプチヒ大およびベルリン大で学ぶ。ベルリン大ではウィルヒョウに師事して病理学を専攻し,同大学の医学博士の学位を受けた。20年に帰国し,同年に帝大医科大教授となり,病理学および病理解剖学講座を担当する。奇形や脚気の研究を行い,日本における病理学・病理解剖学の基礎を築いた。44年に東京帝大を辞職したのち医師として開業した。

(高安伸子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦守治の関連キーワード陸奥国古生物病理学グレフ田村家吉田母野秀顕橋本啓三郎福士政一物先海旭松井芳雄三田村篤志郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone