コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦柳斎 みうら りゅうさい

1件 の用語解説(三浦柳斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦柳斎 みうら-りゅうさい

1822*-1897 幕末の武士。
文政4年12月25日生まれ。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩士。京都所司代となった藩主酒井忠義(ただあき)を補佐,和宮降嫁などの公武合体策をすすめた。文久2年(1862)寺田屋事件の責により忠義が免職となると謹慎。戊辰(ぼしん)戦争では岩倉具視(ともみ)に陳情して藩を新政府軍に帰属させた。明治30年12月15日死去。77歳。本姓は岡見。名は吉信。通称は七兵衛

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三浦柳斎の関連キーワード安藤藤二今井栄(1)上原太内片見小次郎河原均荘原半哉大胡聿蔵武田彦衛門乃美織江不破美作

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone