コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦権太夫 みうら ごんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦権太夫 みうら-ごんだゆう

1838*-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年12月20日生まれ。陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩士。文久2年(1862)家老丹羽丹波の施政を非難し,投獄,謹慎となった。戊辰(ぼしん)戦争で農兵司令を命じられるが,勤王の志をしめすため,慶応4年7月29日新政府軍に矢じりをとった矢を射こみ,切腹した。32歳。名は義彰。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

三浦権太夫 (みうらごんだゆう)

生年月日:1838年12月20日
江戸時代末期の陸奥二本松藩士
1868年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

三浦権太夫の関連キーワード生年月日武士幕末天保

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android