三笠宮寛仁親王(読み)みかさのみや ともひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三笠宮寛仁親王 みかさのみや-ともひとしんのう

1946-2012 昭和後期-平成時代,三笠宮崇仁(たかひと)親王の第1王子。
昭和21年1月5日生まれ。学習院大卒業後,オックスフォード大に留学。昭和55年麻生信子と結婚,2年後皇籍離脱宣言をして話題となる。「ひげの殿下」の愛称でしたしまれ,マスコミ活動も活発。日本学生氷上競技連盟,日本レクリエーション協会などの総裁。著作に「トモさんのえげれす留学」など。平成24年6月6日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android