コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三縁 サンエン

2件 の用語解説(三縁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐えん【三縁】

仏語。唐の善導の説く、念仏行者と阿弥陀仏との間に結ばれる3種の縁。衆生(しゅじょう)の三業(さんごう)と仏の三業とが不離となる親縁、衆生が仏を見ることを欲すればただちに仏が顕現するようになる近縁(ごんえん)、念仏する衆生の臨終に聖衆(しょうじゅ)とともに来迎する増上縁。摂取の三縁。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんえん【三縁】

〘仏〙
善導の観経疏に説く、念仏をする者が救済される理由である三つの縁。念によって行者と仏が親しく結びつく親縁、仏を近くに見る近縁ごんえん、救済力が働きかけてくる増上縁の総称。
慈悲の縁を三種に区別したもの。衆生縁・法縁・無縁の三つ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三縁の関連情報