コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三縁 サンエン

デジタル大辞泉の解説

さん‐えん【三縁】

仏語。唐の善導の説く、念仏行者と阿弥陀仏との間に結ばれる3種の縁。衆生(しゅじょう)の三業(さんごう)と仏の三業とが不離となる親縁、衆生が仏を見ることを欲すればただちに仏が顕現するようになる近縁(ごんえん)、念仏する衆生の臨終に聖衆(しょうじゅ)とともに来迎する増上縁。摂取の三縁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんえん【三縁】

〘仏〙
善導の観経疏に説く、念仏をする者が救済される理由である三つの縁。念によって行者と仏が親しく結びつく親縁、仏を近くに見る近縁ごんえん、救済力が働きかけてくる増上縁の総称。
慈悲の縁を三種に区別したもの。衆生縁・法縁・無縁の三つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三縁の関連キーワード楢林栄建九条道教九条満家徳川秀忠西洋料理増上寺公園観経三つ慈悲行者四縁

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三縁の関連情報