親縁(読み)シンエン

大辞林 第三版の解説

しんえん【親縁】

親類の縁。
近い血統。
〘仏〙 三縁の一。衆生しゆじようが口に念仏を唱え、身に仏を礼拝し、心に仏を念ずると、仏もそれを知り、仏と衆生が密接不離な関係になること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐えん【親縁】

〘名〙
① 仏語。三縁(親・近(ごん)・増上縁)の一つで、衆生(しゅじょう)が念仏を唱えて仏を礼拝し、心に仏を念ずると、仏もそれを知って、衆生と仏は互いに親しく関わりあい、交感しあうということ。
※浄業和讚(995‐1335)下「念仏修行の三業と彌陀如来の三業とかれこれかならずひとつなり、このゆゑ親縁となづく」
親類の縁。親族の関係。
信長記(1622)一上「恰も父子の親しきより越、或は偽て親縁(シンヱン)を結んで、聟と称してはこれを討ち」
③ 近い血統。近い血筋。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親縁の関連情報