増上縁(読み)ゾウジョウエン

デジタル大辞泉の解説

ぞうじょう‐えん〔ゾウジヤウ‐〕【増上縁】

仏語。
他のものが果として生じるときの間接的原因と、生じることを妨げないすべてのもの。因縁・等無間縁(とうむけんえん)・所縁縁(しょえんねん)とともに四縁の一。
浄土教で、三縁の一。名号を唱えれば、罪障が消滅し、臨終のときには必ず阿弥陀仏来迎(らいごう)し、往生できること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうじょうえん【増上縁】

〘仏〙
他の物事が生ずることを助ける働きをする縁。
浄土教で三縁の一。弥陀みだの名号を唱えれば、臨終のときに聖衆の来迎を受けて必ず往生できること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞうじょう‐えん ゾウジャウ‥【増上縁】

〘名〙 仏語
① 倶舎論に説く四縁の一つ。他のものの働きを助長進展させる
※即身成仏義(823‐824頃)「三密金剛以為増上縁
② 中国、唐の善導の説いた浄土門の三縁の一つ。阿彌陀仏の本願の力をいう。阿彌陀如来の名号を称念することにより、罪障消滅し、臨終の来迎(らいごう)に報いられるとする阿彌陀如来の本願。
※教行信証(1224)二「一切善悪凡夫得生者、莫皆乗阿彌陀仏大願業力増上縁也」
仮名草子・竹斎(1624‐44頃)下「この御寺の山号寺号は、忝なくも善導大師の親縁、近縁、ぞうじゃうゑんの心なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android