三蔵教(読み)サンゾウキョウ

大辞林 第三版の解説

さんぞうきょう【三蔵教】

経・律・論の三蔵に説かれた釈迦一代の教えの総称。
天台宗で、小乗教の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんぞう‐きょう サンザウケウ【三蔵教】

〘名〙 仏語。
① 経蔵・蔵・論蔵の三蔵に説かれた釈尊一代の教法。
② 天台宗で、小乗教の別称。小乗を旨とする仏教。
※八宗綱要(1268)下「問、且化法四教者何。答一、三蔵教、一切小乗、此教中摂」 〔天台四教儀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android