コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八宗綱要 はっしゅうこうよう

5件 の用語解説(八宗綱要の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八宗綱要
はっしゅうこうよう

鎌倉時代の東大寺僧凝然 (1240~1321) の著書。2巻。文永5 (1268) 年撰述。釈尊の教えがインドに発し,日本にまで伝達された歴史を簡略に述べ,倶舎宗,成実宗,律宗,法相宗,三論宗,天台宗華厳宗真言宗,禅宗,浄土宗の歴史と教理とを,要点を摘出しながら簡潔に記したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっしゅうこうよう〔ハツシユウカウエウ〕【八宗綱要】

鎌倉時代の仏教書。2巻。凝然(ぎょうねん)著。文永5年(1268)成立。仏法が伝播した歴史を述べ、八宗の歴史や教理を解説したもの。古来、初学者の入門書とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はっしゅうこうよう【八宗綱要】

東大寺戒壇院の学僧凝然(ぎようねん)が,1268年(文永5)1月,故郷の伊予国円明寺で,日本の八宗について概説した著作。上下2巻よりなる。序説として,仏教の法門は大小の2乗,声聞・菩薩の2蔵,経・律・論の3蔵に大別できることを述べ,仏法の日本への伝来について概説し,以下日本の八宗の各論に触れ,各宗の歴史・教理について解説している。上巻は序説と俱舎(くしや)宗,成実(じようじつ)宗,律宗の3宗,下巻は法相(ほつそう)宗,三論宗,天台宗,華厳宗,真言宗の5宗について解説し,最後に禅宗,浄土宗を簡単に紹介している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はっしゅうこうよう【八宗綱要】

八宗の教義を概説した書。二巻。凝然著。1268年成立。禅・浄土両宗についても補説する。簡明で、仏教の入門書として広く読まれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八宗綱要
はっしゅうこうよう

仏教の概論書。2巻。日本華厳(けごん)宗の学僧、東大寺の凝然(ぎょうねん)(1240―1321)の29歳のときの著。インド、中国、日本の三国にわたる、大小乗、密教に及ぶ全仏教を網羅する概説書として、今日でも一般に広く読まれている。八宗とは、倶舎(くしゃ)宗、成実(じょうじつ)宗、律(りつ)宗、法相(ほっそう)宗、三論(さんろん)宗、華厳(けごん)宗、天台宗、真言(しんごん)宗で、それら八宗の宗名、成立、教説を概説する。うち、倶舎、成実、律、法相、三論、華厳は南都六宗である。これに、平安仏教の、最澄(さいちょう)の天台宗と、空海の真言宗の二宗を加えている。歴史的には倶舎は法相の、成実は三論の付宗とされ、基礎学として併修され独立した宗ではなかった。最後に禅宗、浄土宗についての簡単な付記があるが、当時盛行した浄土宗や禅宗が凝然の意識に大きくなかったことは注目すべきである。[池田魯參]
『平川彰訳注『八宗綱要』上下(1980・大蔵出版) ▽鎌田茂雄訳注『八宗綱要』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八宗綱要の関連キーワード戒壇院凝然空月昭慧盛誉真照禅爾道玄(2)理然東大寺戒壇堂四天王像

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone