コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八宗綱要 はっしゅうこうよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八宗綱要
はっしゅうこうよう

鎌倉時代の東大寺僧凝然 (1240~1321) の著書。2巻。文永5 (1268) 年撰述。釈尊の教えがインドに発し,日本にまで伝達された歴史を簡略に述べ,倶舎宗成実宗律宗法相宗,三論宗,天台宗華厳宗真言宗禅宗浄土宗の歴史と教理とを,要点を摘出しながら簡潔に記したもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はっしゅうこうよう〔ハツシユウカウエウ〕【八宗綱要】

鎌倉時代の仏教書。2巻。凝然(ぎょうねん)著。文永5年(1268)成立。仏法が伝播した歴史を述べ、八宗の歴史や教理を解説したもの。古来、初学者の入門書とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はっしゅうこうよう【八宗綱要】

東大寺戒壇院の学僧凝然(ぎようねん)が,1268年(文永5)1月,故郷の伊予国円明寺で,日本の八宗について概説した著作。上下2巻よりなる。序説として,仏教の法門は大小の2乗,声聞・菩薩の2蔵,経・律・論の3蔵に大別できることを述べ,仏法の日本への伝来について概説し,以下日本の八宗の各論に触れ,各宗の歴史・教理について解説している。上巻は序説と俱舎(くしや)宗,成実(じようじつ)宗,律宗の3宗,下巻は法相(ほつそう)宗,三論宗,天台宗,華厳宗,真言宗の5宗について解説し,最後に宗,浄土宗を簡単に紹介している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっしゅうこうよう【八宗綱要】

八宗の教義を概説した書。二巻。凝然著。1268年成立。禅・浄土両宗についても補説する。簡明で、仏教の入門書として広く読まれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八宗綱要
はっしゅうこうよう

仏教の概論書。2巻。日本華厳(けごん)宗の学僧、東大寺の凝然(ぎょうねん)(1240―1321)の29歳のときの著。インド、中国、日本の三国にわたる、大小乗、密教に及ぶ全仏教を網羅する概説書として、今日でも一般に広く読まれている。八宗とは、倶舎(くしゃ)宗、成実(じょうじつ)宗、律(りつ)宗、法相(ほっそう)宗、三論(さんろん)宗、華厳(けごん)宗、天台宗、真言(しんごん)宗で、それら八宗の宗名、成立、教説を概説する。うち、倶舎、成実、律、法相、三論、華厳は南都六宗である。これに、平安仏教の、最澄(さいちょう)の天台宗と、空海の真言宗の二宗を加えている。歴史的には倶舎は法相の、成実は三論の付宗とされ、基礎学として併修され独立した宗ではなかった。最後に禅宗、浄土宗についての簡単な付記があるが、当時盛行した浄土宗や禅宗が凝然の意識に大きくなかったことは注目すべきである。[池田魯參]
『平川彰訳注『八宗綱要』上下(1980・大蔵出版) ▽鎌田茂雄訳注『八宗綱要』(講談社学術文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八宗綱要の関連キーワード三国仏法伝通縁起鎌倉時代八宗兼学倶舎教義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android