三遊亭 金朝(2代目)(読み)サンユウテイ キンチョウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
落語家

本名
赤田 滝次郎

生年月日
嘉永2年

出生地
江戸(東京都)

経歴
初め素人連で神田志ら玉の名で声色をやっていたが、初代三遊亭円朝に入門して明治10年代の初め頃に2代目三遊亭金朝を継いだ。芝居噺を演じ、特に初代市川左団次の声色が売物で、なかでも浅尾の局が十八番だった。25年の秋眼病を患い失明するが、その後も高座をつとめる。39年長男に名を譲って引退、翌40年6月28日に生葬式を行った。

没年月日
明治42年 3月22日 (1909年)

家族
長男=三遊亭 金朝(3代目),二男=田中 凉月(歌舞伎囃子)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android