コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三鉱連企業整備反対闘争 さんこうれんきぎょうせいびはんたいとうそう

世界大百科事典 第2版の解説

さんこうれんきぎょうせいびはんたいとうそう【三鉱連企業整備反対闘争】

炭鉱不況下の1953年,三井鉱山(従業員約5万7000人)の人員整理(6739人)をめぐる労働争議。三鉱連(全国三井炭鉱労働組合連合会)は,113日スト後に人員整理案を白紙撤回させ全面勝利する。組合勝利の要因は,(1)職場・地域組織の強化,炭婦協(主婦会)の結成などを通じ大衆闘争を展開したこと,(2)無期限全面ストライキをうたず,当時最も有効な保安順法闘争や部分ストライキなど柔軟な戦術を採用したこと,(3)職員組合(職制だけで組織される組合)との共闘がうまくいき,組合分裂もなかったこと,(4)組合の〈独走も敢えて辞せざる決意〉,などがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

三鉱連企業整備反対闘争の関連キーワード日鋼室蘭争議

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android