コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭労 たんろう

百科事典マイペディアの解説

炭労【たんろう】

日本炭鉱労働組合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんろう【炭労】

正式名称は日本炭鉱労働組合。連合に加盟。1947年12月,産別会議系の全炭(全日本炭鉱労働組合)主導の炭協(炭鉱労働組合全国協議会。当時,炭鉱労組の唯一の全国連合組織)を脱退した中間派の炭連(日本炭鉱労働組合総連合会)と右派の日鉱(日本鉱山労働組合)および純中立系諸単組が協議体組織として結成した日本炭鉱労働組合同盟が前身。翌48年6月,日本炭鉱労働組合連合会と改称。49年3月,組織解散と炭労加盟を決めた炭協残留派の全石炭(全日本石炭産業労働組合。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭労
たんろう

日本炭鉱労働組合」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭労
たんろう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の炭労の言及

【職場闘争】より

…1950年代,総評が労働組合運動の指標たらんと模索した運動論で,その内容は職場・地域の大衆闘争を重視したものである。結成(1950)後まもなく左傾化した総評は,組織強化の運動論を求め,炭労,北陸鉄道労組などの大衆闘争に着目した。とくに炭労は,52年の63日闘争(賃上げ闘争)を契機に,幹部請負闘争を廃し,大衆闘争の推進を組合運動方針の中心にすえた。…

【スト規制法】より

…〈電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律〉の略称。1952年秋の賃金闘争で電産(日本電気産業労働組合)は送電をストップさせる電源スト・停電ストなどを行い,また,炭労(日本炭鉱労働組合)は保安要員の総引揚げを含むストライキを行った。当時電力,石炭とも国民経済の復興にとって必要不可欠のエネルギー源であったため,このような強力な争議行為は,国民生活に重大な損害を与えるものとしてその規制を望む世論が形成された。…

【石炭鉱業】より

…労働面では,人員整理が進められ,炭鉱労務者は1920年の34万人から32年の14万人へと急減した。採炭労働も再編され,鉱夫に対する直接管理体制が主要炭鉱で実現し,また1928年に鉱夫労役扶助規則が改正され,女子の坑内労働は33年から零細鉱を除いて廃止された。このような合理化の結果,生産能率(鉱夫1人当り月出炭高)は1920年代中ごろまでの10t前後から上昇し,33年には戦前最高の18.9tに達した。…

※「炭労」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炭労の関連キーワード全国民主主義労働運動連絡協議会全日本労働総同盟(戦後)日本電気産業労働組合日本労働組合総評議会全日本労働組合会議日本労働組合総同盟スタハーノフ運動電産・炭労スト春季労使交渉政策転換闘争春季生活闘争社会タイムス藤田進(2)大河原 一次末弘 厳太郎灰原 茂雄スト規制法ぐるみ闘争武藤 武雄佐伯 静治

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android