コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上り詰める/登り詰める ノボリツメル

デジタル大辞泉の解説

のぼり‐つ・める【上り詰める/登り詰める】

[動マ下一][文]のぼりつ・む[マ下二]
のぼれるだけのぼる。登っていっていちばん上まで達する。「長い坂を―・める」「出世の階段を―・める」
ひどく夢中になる。のぼせあがる。
「―・めたる客共には、望みに任せ誓紙も書いてやる由」〈浮・禁短気・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone