コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上る/登る/昇る ノボル

デジタル大辞泉の解説

のぼ・る【上る/登る/昇る】

[動ラ五(四)]
下から上へ、低い所から高い所へ移る。⇔下る
㋐他より一段と高い所へ移り進む。「山に―・る」「演壇に―・る」
㋑そこを通って高い所に行く。「坂道を―・る」
㋒川の上流へ向かって進む。さかのぼる。「川を―・る」
地方から中央へ行く。都へ向かう。「京へ―・る」「江戸へ―・る」⇔下る
高い地位につく。昇進する。「大臣の位に―・る」
貴人の御座所近くへ参上する。
「御前に人々所もなく居たるに、今―・りたるは少し遠き柱もとなどに居たるを」〈・二七六〉
太陽・月などが空高く現れる。また、上方へすすんで高い所に達する。「日が―・る」「気球が―・る」
(「頭に血がのぼる」などの形で)のぼせる。夢中になる。「頭に血が―・って見境がなくなる」
数量が、無視できない相当の程度に達する。「死傷者が数百人に―・る」
あるところで、取りたてて問題とされる。「世上の口に―・る」「話題に―・る」
上(あ)がる[用法]
[補説]1㋐は「登る」、35は「昇る」、その他は「上る」と書くことが多い。
[可能]のぼれる
[下接句]蟻(あり)の思いも天に登る口の端(は)に上る痺(しび)れ京へ上れ船頭多くして船山に上る血が上る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かる【上る】

( 動四 )
日本音楽で、音高を標準よりも高めにする。多くは管楽器、特に尺八でいう。 ↔ める

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上る/登る/昇るの関連キーワード京都府京都市上京区東橋詰町京都府京都市下京区八百屋町京都府京都市下京区鍛冶屋町京都府京都市中京区大文字町京都府京都市上京区米屋町京都府京都市下京区材木町京都府京都市上京区近衛町京都府京都市下京区若宮町京都府京都市下京区山王町京都府京都市上京区仲之町京都府京都市下京区富永町京都府京都市東山区辰巳町京都府京都市下京区俵屋町京都府京都市下京区竹屋町京都府京都市中京区槌屋町京都府京都市中京区松本町京都府京都市上京区桝屋町京都府京都市上京区突抜町京都府京都市東山区常盤町京都府京都市上京区中之町

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android