コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上る/登る/昇る ノボル

2件 の用語解説(上る/登る/昇るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぼ・る【上る/登る/昇る】

[動ラ五(四)]
下から上へ、低い所から高い所へ移る。⇔下る
㋐他より一段と高い所へ移り進む。「山に―・る」「演壇に―・る」
㋑そこを通って高い所に行く。「坂道を―・る」
㋒川の上流へ向かって進む。さかのぼる。「川を―・る」
地方から中央へ行く。都へ向かう。「京へ―・る」「江戸へ―・る」⇔下る
高い地位につく。昇進する。「大臣の位に―・る」
貴人の御座所近くへ参上する。
「御前に人々所もなく居たるに、今―・りたるは少し遠き柱もとなどに居たるを」〈・二七六〉
太陽・月などが空高く現れる。また、上方へすすんで高い所に達する。「日が―・る」「気球が―・る」
(「頭に血がのぼる」などの形で)のぼせる。夢中になる。「頭に血が―・って見境がなくなる」
数量が、無視できない相当の程度に達する。「死傷者が数百人に―・る」
あるところで、取りたてて問題とされる。「世上の口に―・る」「話題に―・る」
上(あ)がる[用法]
[補説]1㋐は「登る」、35は「昇る」、その他は「上る」と書くことが多い。
[可能]のぼれる
[下接句]蟻(あり)の思いも天に登る口の端(は)に上る痺(しび)れ京へ上れ船頭多くして船山に上る血が上る

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かる【上る】

( 動四 )
日本音楽で、音高を標準よりも高めにする。多くは管楽器、特に尺八でいう。 ↔ める

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上る/登る/昇るの関連キーワード粋がる捲る打上る躍り上る差上る積重なる釣上る顛読飛降りる吹上る

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone