上る(読み)ノボル

デジタル大辞泉「上る」の解説

のぼ・る【上る/登る/昇る】

[動ラ五(四)]
下から上へ、低い所から高い所へ移る。⇔下る
㋐他より一段と高い所へ移り進む。「山に―・る」「演壇に―・る」
㋑そこを通って高い所に行く。「坂道を―・る」
㋒川の上流へ向かって進む。さかのぼる。「川を―・る」
地方から中央へ行く。都へ向かう。「へ―・る」「江戸へ―・る」⇔下る
高い地につく。昇進する。「大臣の位に―・る」
貴人の御座所近くへ参上する。
御前に人々所もなく居たるに、今―・りたるは少し遠き柱もとなどに居たるを」〈・二七六〉
太陽・月などが空高く現れる。また、上方へすすんで高い所に達する。「日が―・る」「気球が―・る」
(「頭にがのぼる」などの形で)のぼせる。夢中になる。「頭に血が―・って見境がなくなる」
数量が、無視できない相当の程度に達する。「死傷者が数百人に―・る」
あるところで、取りたてて問題とされる。「世上の口に―・る」「話題に―・る」
がる[用法]
[補説]1㋐は「登る」、35は「昇る」、その他は「上る」と書くことが多い。
[可能]のぼれる
[下接句]ありの思いも天に登る口のに上るしびれ京へ上れ船頭多くして船山に上る血が上る
[類語](1上がる上昇上り詰める立ち上がる立ちのぼる這い上がるよじ登る駆け上がる/(5出る現れる差し昇る/(7及ぶ達する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android