コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)上がる タチアガル

デジタル大辞泉の解説

たち‐あが・る【立(ち)上がる】

[動ラ五(四)]
座ったりかがんだりしている姿勢から身を起こして立つ。「いすから―・る」
よくない状態に陥ったものが再び勢いを取り戻す。「地震の痛手から―・る」
行動を起こす。「反対運動に―・る」
上の方に立つ。立ちのぼる。「砂ぼこりが―・る」
相撲で、仕切りから身を起こし、勝負を始める。「制限時間の前に―・る」
機械が動き始める。また、コンピューターのプログラムが起動する。「このパソコンは―・るのが速い」
6からの派生》設置される。開設される。「年金記録を審査する第三者委員会が―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)上がるの関連キーワードタチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)タチクラマゴケ(立鞍馬苔)マキエダケカビ(捲枝毛黴)フタマタカビ(二股黴)ハリサシカビ(針刺黴)クガイソウ(九蓋草)カモノハシ(鴨の嘴)クロキヅタ(黒木蔦)スギナモ(杉菜藻)ジャーマンアイリスショウブ(菖蒲)ハナゴケ(花苔)シワタケ(皺茸)チンパンジーアメリカヅタトリコデルマアナスタシスプテリス受花

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android