コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上上吉 ジョウジョウキチ

デジタル大辞泉の解説

じょうじょう‐きち〔ジヤウジヤウ‐〕【上上吉】

芸事・役者などの位付けで、最上のもの。元禄期(1688~1704)の役者評判記で用い、のちには至・極・功などを付けて、さらに上位を示した。
この上なく縁起のよいこと。じょうじょうきつ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうじょうきち【上上吉】

役者評判記で用いた、役者の位付けの一。元禄期(1688~1704)には最上であったが、のちには上に至・極・功などを冠して、さらにその上位とした。じょうじょうきつ。
この上なくよいこと。特に、縁起などがきわめてよいこと。 「 -と腹に思へば動かす舌も滑かに/五重塔 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上上吉の関連キーワード中村歌右衛門(初代)坂東三津五郎(3代)片岡仁左衛門(7代)片岡仁左衛門(7世)中村雀右衛門(初代)坂東三津五郎(初代)松本幸四郎(初代)芳沢あやめ(初代)松本幸四郎(5代)中村富十郎(初代)浅尾為十郎(初代)市川鰕十郎(初代)中村七三郎(2代)山本京四郎(初代)姉川新四郎(初代)三枡大五郎(4代)松本幸四郎(4代)嵐三五郎(初代)中村歌六(初代)中村大吉(初代)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android