コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上之宮遺跡 うえのみやいせき

1件 の用語解説(上之宮遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上之宮遺跡
うえのみやいせき

奈良県桜井市上之宮,阿倍文珠院のある阿倍丘陵の東方河岸段丘に位置する6世紀後半~末葉ごろの建物群遺跡。遺跡は南北 100mの範囲で,南側を柵 (さく) や溝で画した内部に,大規模な四面廂 (ひさし) 付掘立柱建物,長棟状建物,回廊状建物,石組溝,敷石遺構等が存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上之宮遺跡の関連キーワード奈良県桜井市上之宮奈良県桜井市上之庄奈良県桜井市吉備奈良県桜井市桜井奈良県桜井市芝奈良県桜井市下奈良県桜井市辻奈良県桜井市外山奈良県桜井市西之宮奈良県桜井市山田

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone