コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上之宮遺跡 うえのみやいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上之宮遺跡
うえのみやいせき

奈良県桜井市上之宮,阿倍文珠院のある阿倍丘陵の東方河岸段丘に位置する6世紀後半~末葉ごろの建物群遺跡。遺跡は南北 100mの範囲で,南側を柵 (さく) や溝で画した内部に,大規模な四面廂 (ひさし) 付掘立柱建物,長棟状建物,回廊状建物,石組溝,敷石遺構等が存在する。周囲の石敷溝・石敷区画は庭園遺構もしくは祭祀遺構と推定されている。この遺跡は大豪族阿倍氏の本貫にあり,また聖徳太子の「上ツ宮」の伝承地でもあり,阿倍氏関係の居館あるいは飛鳥時代の宮殿の可能性が考えられる。最近の調査で,6世紀末ころの精巧な園池遺構が発見され,飛鳥嶋ノ庄遺跡 (蘇我氏の邸宅に比定) をしのぐものとして注目される。この石組池の内部から,多量のモモ核,ヒョウタン等とともに,日本最古級の木簡,鳥形木製品,べっ甲など特殊な遺物が出土して話題を呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

上之宮遺跡の関連キーワード奈良県桜井市上之宮

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android