浄水(読み)ジョウスイ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐すい〔ジヤウ‐〕【浄水】

清らかな水。けがれのない水。
神社で手を洗い清める水。
濾過(ろか)したり消毒したりした清浄な水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうすい【浄水】

清らかな水,飲んで安全な水を古くから浄水と呼んだ。現代ではさらに,原水(原料となる河川水や地下水)に必要な水処理操作を加えて清浄な水に加工する過程をも浄水water purificationという。水道用語としても〈水を浄化する〉と〈浄化された水〉の二つの意味に用いられている。なお,工業用水にあっては,飲用に適する水を作る場合とは限らずに,用途(冷却用,洗浄用など)に適した水質になるまでの処理をするという意味から用水処理という語のほうが広く用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐すい ジャウ‥【浄水】

〘名〙
① 清浄な水。清い水。清水。まみず。
※霊異記(810‐824)下「女衆参り集ひて、浄水を以て経の御墨に加ふ」 〔梁簡文帝‐大法頌〕
② 手などを洗いきよめる水。手洗い水。
※二人むく助(1891)〈尾崎紅葉〉二「浄水(ジャウスヰ)にて三度耳を洗はせ」
③ (━する) 薬品や濾過装置(ろかそうち)などによって水を清浄にすること。また、その水。
※作戦要務令(1939)一「若し生水を用ふるを要するときは浄水・消毒等を行ふを要す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報