桜井市(読み)さくらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜井〔市〕
さくらい

奈良県北西部,奈良盆地の南東部にある市。 1956年桜井町に大福,香久山の2村を編入して市制。中心市街地の桜井は古くから伊勢参り,吉野参りの宿場町として,初瀬,三輪はそれぞれ門前町として発展。吉野山地から産出する木材の集散地で,製材,木工業が行われ,66年には木材工業団地が完成した。農村部では野菜,果樹,花卉を栽培。三輪そうめんを特産。古文化地帯に属し,天平時代の十一面観音像 (国宝) をまつる聖林寺をはじめ,文殊院来迎寺,ボタンの名所で名高い長谷寺大神 (おおみわ) 神社談山神社などの社寺,特別史跡の山田寺跡,文珠院西古墳,史跡に指定されている茶臼山古墳,珠域山古墳,栗原寺跡,安倍寺跡などの遺構が多い。初瀬の与喜山暖帯林は天然記念物。市域の一部は大和青垣国定公園に属する。 JR桜井線,近畿日本鉄道大阪線,国道 165号線,166号線,169号線が通じる。面積 98.91km2。人口 5万7244(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桜井市の関連情報