桜井市(読み)さくらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜井〔市〕
さくらい

奈良県北西部,奈良盆地の南東部にある市。 1956年桜井町に大福,香久山の2村を編入して市制。中心市街地の桜井は古くから伊勢参り,吉野参りの宿場町として,初瀬三輪はそれぞれ門前町として発展。吉野山地から産出する木材の集散地で,製材,木工業が行われ,66年には木材工業団地が完成した。農村部では野菜,果樹,花卉を栽培。三輪そうめんを特産。古文化地帯に属し,天平時代の十一面観音像 (国宝) をまつる聖林寺をはじめ,文殊院,来迎寺,ボタンの名所で名高い長谷寺大神 (おおみわ) 神社談山神社などの社寺,特別史跡山田寺跡,文珠院西古墳,史跡に指定されている茶臼山古墳,珠域山古墳,栗原寺跡,安倍寺跡などの遺構が多い。初瀬の与喜山暖帯林は天然記念物。市域の一部は大和青垣国定公園に属する。 JR桜井線,近畿日本鉄道大阪線,国道 165号線,166号線,169号線が通じる。面積 98.91km2。人口 5万7244(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報