コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上井覚兼 うわい かくけん

2件 の用語解説(上井覚兼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上井覚兼 うわい-かくけん

1545-1589 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)14年2月11日生まれ。薩摩(さつま)(鹿児島県)の島津義久につかえ,天正(てんしょう)4年家老職,8年日向(ひゅうが)宮崎城主となる。15年義久が豊臣秀吉に降伏すると出家。古典,和歌,茶の湯などに通じ,「上井覚兼日記」をのこしている。天正17年6月12日死去。45歳。初名は為兼。通称は神五郎,神左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上井覚兼

没年:天正17.6.12(1589.7.24)
生年:天文14.2.11(1545.3.23)
戦国・安土桃山時代の武将。薩摩永吉郷(鹿児島県吹上町)地頭上井薫兼の子。母は肝付兼固の娘。初名為兼,神五郎,神左衛門と称す。官は伊勢守。大隅姶良郡上井(鹿児島県国分市)の国人で,父の代に永吉郷に移り,元服して島津貴久に仕えた。大隅廻城の初陣以下,諸方に出陣して軍功を重ね,天正1(1573)年島津義久の奏者となり鹿児島に居住。義久の信任を得て同4年には老中職に抜擢され伊勢守覚兼と称す。同8年8月には日向宮崎城主となり義久の末弟家久を補佐する傍ら,本家鹿児島の枢機にも参じた。以後肥後(熊本県),肥前(佐賀県,長崎県)にも出陣し,同14年7月筑前(福岡県)岩屋の戦いには矢石を冒して奮戦負傷,10月には豊後(大分県)に入って大友氏を攻めたが,翌年3月,豊臣秀吉の西下にあい撤退。羽柴秀長に下って薩摩伊集院に出家隠棲,一超宗咄と名乗った。『上井覚兼日記』は当時珍しい武人の記録で,戦国末期の南九州の動静を知る重要資料。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上井覚兼の言及

【上井覚兼日記】より

…戦国大名島津義久の老中上井覚兼の1574‐86年(天正2‐14)のかなまじり和様漢文体の日記。27冊。…

※「上井覚兼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上井覚兼の関連キーワード池田秀雄道恵文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代日本史塙団右衛門横目付内ケ島氏理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上井覚兼の関連情報