コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉持朝 うえすぎ もちとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉持朝 うえすぎ-もちとも

1418-1467 室町時代の武将。
応永25年生まれ。扇谷(おうぎがやつ)上杉家6代。永享の乱では上杉憲実側に属し,鎌倉公方(くぼう)足利持氏を攻める。享徳4年関東管領についた上杉房顕をたて,武蔵(むさし)分倍河原(東京都)で公方足利成氏(しげうじ)(持氏の子)とたたかい敗北。長禄(ちょうろく)元年武蔵河越(埼玉県)に城をきずき,成氏と対峙(たいじ)した。応仁(おうにん)元年9月6日死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上杉持朝の関連キーワード上杉氏の抗争上杉定正太田資清上杉顕房長尾景仲室町時代川越城理等

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android