コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉氏憲の妻 うえすぎ・うじのりのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉氏憲の妻

没年:応永24(1417)
生年:生年不詳
室町時代の甲斐(山梨県)の武田信満の娘で,上杉氏憲に嫁して教朝を生む。氏憲が反乱をおこして一族と自害した際,甲州にいてそれを聞き藤戸川へ行き護身の刀で腹をつき入水したという。辞世の歌が「さなぎだに五つの障りありときく おやさへむくう罪いかにせむ」である。<参考文献>西岡虎之助『日本女性史考』

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

上杉氏憲の妻の関連キーワード西岡虎之助

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android