コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉氏憲の妻 うえすぎ・うじのりのつま

1件 の用語解説(上杉氏憲の妻の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉氏憲の妻

没年:応永24(1417)
生年:生年不詳
室町時代の甲斐(山梨県)の武田信満の娘で,上杉氏憲に嫁して教朝を生む。氏憲が反乱をおこして一族と自害した際,甲州にいてそれを聞き藤戸川へ行き護身の刀で腹をつき入水したという。辞世の歌が「さなぎだに五つの障りありときく おやさへむくう罪いかにせむ」である。<参考文献>西岡虎之助『日本女性史考』

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉氏憲の妻の関連キーワード左衛門武田信実(2)武田信重武田信長(1)武田信長(2)武田信春武田信満武田信元原昌俊武田信長

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone