コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田信満 たけだ のぶみつ

2件 の用語解説(武田信満の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田信満 たけだ-のぶみつ

?-1417 室町時代の武将。
武田信春の子。甲斐(かい)(山梨県)・安芸(あき)(広島県)の守護。上杉禅秀の乱に禅秀の親族としてくわわって敗れ,応永24年上杉憲宗(のりむね)の攻撃をうけ,2月6日自害した。通称は次郎。法名は道光。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

武田信満

没年:応永24.2.6(1417.2.22)
生年:生年不詳
室町時代前期の武将。甲斐国(山梨県)守護。信春の嫡子。通称次郎。安芸守。娘が上杉氏憲(禅秀)に嫁いでいた関係から,応永23(1416)年の禅秀の乱には姻族として,千葉介兼胤らと共にこれに加わった。翌24年1月の禅秀の敗死を受け,鎌倉公方足利持氏が上杉憲宗を甲斐に差し向けると,これを都留郡に迎え撃ったが敗れ,山梨郡木賊山(東山梨郡大和村)で自害した。彼の死後守護武田氏は,鎌倉府の後援により勢力の伸張を図る一族逸見氏の前に諸国流浪の時代を迎える。<参考文献>『鎌倉大草紙

(堀内亨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武田信満の言及

【甲斐国】より

…旧国名。甲州。東海道に属する上国(《延喜式》)。現在の山梨県。
【古代】
 古墳時代の甲斐は,前期には曾根丘陵地帯に銚子塚古墳(中道町)などいくつかの前方後円墳が出現し,後期には分布地域が広がり,姥塚(うばづか)(御坂町),加牟那塚(甲府市)など巨大な横穴式石室を持つ円墳も現れた。これら古墳の築造者で,この地の支配者であった甲斐国造(くにのみやつこ)が,大和の政権に貢上した馬は,“甲斐の黒駒”と呼ばれて名高く,その伝統は平安時代に駒牽(こまびき)の行事となった。…

※「武田信満」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武田信満の関連キーワード赤岡重樹駒井信盛武田信重武田信長(2)武田信春武田信昌武田信光武田信元長瀬泰貞遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone