上板・揚板(読み)あげいた

精選版 日本国語大辞典の解説

あげ‐いた【上板・揚板】

〘名〙
① 釘付けしないで、自由に取りはずしができるようにした床板。台所の床下を物入れに利用する場合などに用いる。あげぶた。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)一「数も限らぬ千両箱つみ上(あげ)つみ上、上板もしはるばかりに並べおく」
② 江戸時代、歌舞伎劇場の舞台と花道と接合する所の左右の板敷。蝶番(ちょうつがい)で開閉を自在にし、小道具などをせりあげられるようにしてある。〔楽屋図会拾遺(1802)〕
③ 風呂場などで、コンクリートの上に置く簀子(すのこ)の板。
※旧聞日本橋(1935)〈長谷川時雨〉蕎麦屋の利久「上げ板を叩いて『番頭さん熱いよ』とうめ湯をたのんだり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android