コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上毛野三千 かみつけのの みちぢ

2件 の用語解説(上毛野三千の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上毛野三千 かみつけのの-みちぢ

?-681 飛鳥(あすか)時代の官吏。
天武天皇に命じられ,川島皇子,忍壁(おさかべ)親王とともに,天皇系譜の記録である「帝紀」や飛鳥時代以前の諸事の整理や記述作業に従事した。天武天皇10年8月11日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上毛野三千

没年:天武10.8(681)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。天武10(681)年,天武天皇により,国史の編纂事業を命令されている。帝紀と上古諸事を記し定めることがその命令の中身だが,この編纂事業はやがて『日本書紀』として結実するものである。責任者は川島皇子,忍壁皇子らで,皇族以外では三千が筆頭の位を持った人物であった。あるいは実質上の編纂責任者であったかもしれない。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

上毛野三千の関連キーワード日本書紀サンダーバード上毛野三千飛鳥浄御原令アガト近江令浄御原律令古事記神鉄粟生線国内における絞首刑

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone