コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上毛野三千 かみつけのの みちぢ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上毛野三千 かみつけのの-みちぢ

?-681 飛鳥(あすか)時代の官吏。
天武天皇に命じられ,川島皇子,忍壁(おさかべ)親王とともに,天皇系譜の記録である「帝紀」や飛鳥時代以前の諸事の整理や記述作業に従事した。天武天皇10年8月11日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上毛野三千

没年:天武10.8(681)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。天武10(681)年,天武天皇により,国史の編纂事業を命令されている。帝紀と上古諸事を記し定めることがその命令の中身だが,この編纂事業はやがて『日本書紀』として結実するものである。責任者は川島皇子,忍壁皇子らで,皇族以外では三千が筆頭の位を持った人物であった。あるいは実質上の編纂責任者であったかもしれない。

(鬼頭清明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

上毛野三千の関連キーワード没年

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android