コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上河内[町](読み)かみかわち

百科事典マイペディアの解説

上河内[町]【かみかわち】

栃木県中央部,河内郡の旧町。1994年町制。宇都宮市の北東部に接し,鬼怒川中流部西岸に位置する。米麦中心の農業を主とし,ユズやビニルハウスによる野菜の栽培も行われ,宇都宮市などへ出荷されている。近年は工場も進出し,宇都宮市への通勤者も増加している。北部の羽黒山上にある羽黒山神社の11月の秋祭には,勇壮な梵天奉納が行われ,観光客でにぎわう。2007年3月,河内郡河内町と宇都宮市へ編入。56.90km2。9545人(2005)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かみかわち【上河内[町]】

栃木県中部,河内郡北端の町。人口9242(1995)。1994年町制。宇都宮市の北に接し,鬼怒川西岸の低地および丘陵地を占める。耕地の大部分は水田で,米作が農業の中心。鬼怒川西岸の低地は1723年(享保8)の五十里洪水をはじめしばしば水害をこうむってきたが,現在は鬼怒川の改修が進み良質米の産地となっている。1970年代半ばまでは人口減少が続いていたが,近年は横ばいから増加に転じた。兼業化が進み,宇都宮市への通勤者がふえている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android